HOME > 歯を入れる方法
歯を入れる方法

歯を入れる方法には「ブリッジ」「入れ歯」「インプラント」の3つがあります。当院では、それぞれの特徴をご確認頂きながら治療を進めておりますので、ご安心してご相談下さい。

ブリッジ
ブリッジブリッジ

歯の抜けた両端に対して橋を架けるように繋ぐことで抜けた歯を補完する方法です。この方法では、抜けた歯の両端は土台とする為、通常、被せものにする必要があります。

その為、すでに両端の歯が被せものになっている場合は、外すだけで作れますが、健康な歯の場合でも、両端の歯を削る必要がある場合があります。

また、ブリッジの素材は、金属(保険適用)か、審美性の高いセラミック(自費診療)が選べます。

入れ歯

抜けた歯の部分に一時的にはめて利用(取り外し可能)します。健康な歯を削る必要なく歯を入れることができますが、審美性は劣ります。部分的な入れ歯と、総入れ歯があります。

総入れ歯総入れ歯
部分入れ歯部分入れ歯
インプラント
インプラントインプラント

歯を失ってしまった部分のアゴの骨に、人工の歯根(インプラント)を埋めこみ、それを土台として人工の歯を取り付けます。

骨と完全に結合したインプラントの上に取り付けられた歯は、その歯自体が骨にしっかりと固定されているので、周りの歯に負担をかけることもなく、天然の歯に近い噛む力と審美性を得ることができます。

入れ歯やブリッジは周囲の歯に大きな負担をかけてしまうため、今残っている歯の寿命を少なからず縮めることになってしまいますが、インプラントは、周りの歯を削ったり負担をかけずに歯を立てられる為、残っている自分の歯を守ることもできます。

また、インプラント補綴は基本的に固定式なので、入れ歯のように噛むと動いて痛いということや、毎日取り外す必要がありません。バネなどが無いので見た目にも自然です。


インプラント治療 / 小平市 国分寺市 鷹の台駅 / YSDインプラントセンター 予約について・アクセスマップ