HOME > 矯正歯科 > インビザライン
インビザライン 気づかれずに矯正できます
マウスピース矯正、インビザライン・システムとは?

全世界で250万人以上の患者さんの治療に使用されている透明なマウスピースのような矯正装置です。ブラケットやワイヤーを使用しないため、付けているのがほとんどわかりません。 また、普通に食事ができ、喋りやすく、痛みもほとんどありません。通院回数も少なくて済みます。

インビザラインで矯正するメリット
透明な矯正装置のため、ほとんど気づかれない

インビザライン・アライナーは透明で目立たないため、装着していることがわからず、見た目にストレスを感じさせません。

わかりにくいと思いますが、左の写真の状態で矯正装置(アライナー)を装着している状態です。言われないかぎり、気づく人はほとんどいません。

痛みが少ない

インビザラインは従来型の矯正装置に比べ、比較的痛みが少ないと言われています。またワイヤーやブラケットを使用していない為、粘膜に当たる痛みや刺さる痛みは無く、口内炎ができることはほとんどありません。

食事や歯磨きの時に、取り外すことができる

取り外しが可能なため、いつでも簡単に歯のお手入れができ、口腔内を健康な状態に保つことができます。また普段と変わらず食事を楽しむことができます。

治療計画がわかりやすい

3次元治療計画ソフトウェアを通じて、治療開始から完了に至るまでの歯の移動を、コンピューター画面上で画像および動画として確認することができます。

不具合や、金属アレルギーの心配がない

金属製のワイヤーやブラケットを使用しないため、治療期間中に装置が脱落するなどの緊急性を要することがありません。また、金属アレルギーの心配もありません。

インビザラインの治療オプション

インビザライン・システムには、包括的治療用「インビザライン フル」、主に10代の治療を対象とする「インビザライン ティーン」、軽度な不正咬合や後戻り等の治療に対応する「インビザライン ライト」および「インビザライン i7」の4つの治療オプションがあります。 詳しくは、担当歯科医師にご相談ください。

インビザライン フル より広範な包括的治療に適応できます。
インビザライン ティーン 主に10代の患者を対象とする、コンプライアンスや萌出中の歯牙に対応した治療オプションです。
インビザライン ライト 軽度な部分矯正(MTM治療)や不正咬合、後戻り、コンビネーション治療等に適応できます。
インビザライン i7 より軽度な部分矯正(MTM治療)や不正咬合、後戻り、コンビネーション治療等に適応できます。
インビザラインでの治療の流れ
治療計画を作成する

インビザライン・システムでは、「クリンチェック・ソフトウェア」と呼ばれる独自の3D(3次元)治療計画ソフトウェアにより、患者様それぞれの治療計画が作成されます。

マウスピースを製作する

治療計画に基づき「アライナー」と呼ばれる、透明で可撤式のマウスピース型の矯正装置が製造されます。

段階的にマウスピースを交換していく

形状の異なる複数のアライナーを段階的に、通常は2週間毎に新しいアライナーに交換しながら、連続して使用することで、歯を除々に移動させます。

予約について・アクセスマップ