HOME > 矯正歯科 > 歯列矯正の流れ
歯列矯正の流れ
無料矯正相談

よりよい治療効果を高めるには、矯正科医と患者さんの信頼関係が欠かせません。
治療を開始する前に十分な相談とカウンセリングを行いながら、コミュニケーションを深めていきます。

検査・診断

レントゲン写真や、顔や歯の写真、上下の歯の型をとり、具体的な診療方法を決めていきます。

プレゼンテーション

検査資料を元にして、治療のすすめ方、料金、治療時間について具体的に説明します。

矯正開始

矯正が始まると、月に1回、時には2回通院し、歯の動きを調節します。
矯正装置をつけている期間は、年齢、歯やあごの骨の状態などにより異なりますが、永久歯列の全体的な矯正の場合は2〜3年が一般的です。

後戻りを防ぐ

歯が綺麗に並び、顔や口もとが改善されたところで、ようやく矯正装置を外します。
ここで治療を終わりにしてしまうと、今までの矯正治療が台なしに。
なぜならば、一度動かされた歯やあごは、後戻りをする傾向があるからです。そこでリテーナーと呼ばれる保定装置を使い、歯を骨の中にしっかり定着させます。これは矯正治療で歯を動かすことと同じ位重要なことなのです。

予約について・アクセスマップ