HOME > 矯正歯科 > 小児矯正
小児矯正 時期を逃さず適切なケアを
小児矯正の時期

子供の歯並びや咬み合わせのズレは、早くに発見し、積極的に治し、正しい成長発育路線に軌道修正してあげることが重要です。

そうすることで抜歯や外科矯正のリスクを減らせるだけでなく、本来獲得できるお口や体の機能を損なわずに成長することができます。

矯正を行う3〜10歳はもともと虫歯になりやすい時期でもあります。この時期に定期的に歯科医院に通うことは、虫歯予防だけでなく歯肉炎や口臭予防に効果を発揮します。

小児矯正に使う装置
小児用 矯正装置小児用 矯正装置

お子さまの矯正装置は取り外しのものが多く清掃性がよいため、固定式装置よりも虫歯になりにくいです。

歯列矯正のメリット
すこやかな成長の為に

キレイな歯並びはお子様の心と体のすこやかな成長には不可欠です。残された成長発育量の多い子どもの頃に咬み合わせや歯並びを直すことは、単に将来の歯並びがきれいになるだけでなく、多くのメリットがあります。


虫歯や歯周病から歯を守る

歯並びが悪いと歯をよく磨けない部分ができて、虫歯や歯肉炎、歯周病になりやすくなります。人は唾液を分泌することで歯を清潔にしますが、デコボコがあると唾液があたらない部分が出るため、虫歯になりやすくなります。


顎関節症を予防する

バランスよく咬むことで、顎関節やお口の周りの筋肉に無理な力がかかりません。


姿勢や呼吸を整える

早い時期から歯並びの管理を行うことで、歯並びの不正によって起こる唇の閉鎖不全や舌の位置異常が原因で起こる、口呼吸や猫背などの呼吸や姿勢の問題を早い時期から改善できるため、全身の健全な成長を促します。


体のバランス感覚を良くする

咬み合わせを改善することで、バランス感覚や全身の筋肉の瞬発力が向上します。


勉強といっしょに
記憶力、思考力を良くする

咬むことによって記憶力や思考力、情報処理能力を司る脳の「前頭前野」が活性化されます。これは「人間らしさを司る脳」とも言われ、咬むことで喜怒哀楽などの豊かな感情も育んでいきます。


発音が良くなる

咬み合わせや歯並びを改善することで、唇や舌の動きが改善され、発音機能が向上します。

美しく、健康的な歯はお子さまの一生の宝物です。

予約について・アクセスマップ