HOME > 歯科口腔外科
口腔外科
外科治療の風景

口腔内やその隣接組織の外傷や炎症、親知らず、顎関節症などの対応を行っています。外傷や出血など救急処置が必要な場合は優先的に対応いたしますのでご相談ください。

救急処置が必要な方
口腔内裂傷や口唇裂傷などの外傷や出血

創傷の洗浄と縫合、止血処置を行います。(交通外傷など頭部を強く受傷した場合は先に医科の受診をお願い致します。)


抜けた歯
外傷による歯の脱臼、歯槽骨骨折

歯の位置がずれてしまったり抜けそうになってしまった場合は元の位置に整復してから仮固定を行い経過観察します。

歯が完全に抜けてしまった場合は可能であれば再植を行います。とれた歯を持ってできるだけ早く受診して下さい。

歯を乾燥させないようにすることが大事ですので、生理食塩水か牛乳に浸けるか、無ければ口の中に含んで受診するようにしてください。再植できれば3週間程度の固定期間を置き、以後経過を観察します。


歯や歯肉の急な腫れや痛み

切開排膿、投薬などの消炎処置を行います。

その他、アゴが外れた、口が開かなくなった、なども救急対応いたします。

親知らずの抜歯

現代人のアゴの骨は徐々にきゃしゃになり第三大臼歯まできれいに萌えそろうことが稀になってきています。きれいに萌えていれば親知らずだからと言ってむりに抜歯する必要はありませんが、傾いてはえてきた場合や腫れや痛みがある場合は早めに抜歯した方がよいかも知れません。

親知らず

左の写真は時々腫れぼったい感じがしていたがしばらくすると落ち着く、といった症状をくりかえしていた患者さんです。

親知らずが斜めに萌えていますが手前の第二大臼歯にぶつかりこれ以上は萌出できません。この歯列不正により親知らずと第二大臼歯の間を十分に清掃出来なかった為、大きな虫歯と歯周病を併発してしまいました。

このようなケースでは親知らずよりも手前の第二大臼歯の方が虫歯の進行が早く、治療が困難なものになる場合があります。(歯ぐきの下の虫歯で、進行も早いためです)より早い段階での治療介入が必要だったと思います。

アゴの関節が痛い、音がする

口をあけるときアゴの関節が痛い、音がする、アゴが痛くて口が大きく開けることが出来ないなどの症状がある方は、「顎関節症」が疑われます。ぜひ一度ご相談下さい。マウスピースを用いたスプリント療法や、重度の場合は高次医療機関への紹介をいたしております。

歯軋り(歯ぎしり)

音がするのは一部のケースで多くは音がしない食いしばりです。歯牙や歯周組織へのダメージだけでなく多くの問題の原因になります、ぜひご相談ください。


予約について・アクセスマップ