HOME > 小児歯科 > お子様にこんな症状ありませんか?
お子様にこんな症状ありませんか?
歯がガタガタでこのままだと永久歯がきれいに並びそうにない

現代っ子の永久歯は大きくなっていると言われています。この永久歯を抜歯せずに並べるにはスペースの確保が必要です。小児矯正では成長を利用した側方拡大(横に拡げる)や遠心移動(奥に移動させる)により、できるだけ歯を抜かずに咬み合わせをつくります。

上の前歯が出ている、出っ歯気味の骨格である

生まれつきの骨格の問題やガンコな指しゃぶりの結果、上あごや上の前歯が前に押し出されて上顎前突になるケースも少なくありません。ほかにも、口呼吸、舌やくちびるを吸ったり咬むくせのある子にも上顎前突が見られます。上あごの発達を抑え、下あごの発達を促す早期矯正が有効です。

受け口気味(反対咬合)、下あごを左右にズラして咬んでいる

歯の生える位置や角度だけに問題がある「歯性要因」と、上あごの劣成長や下あごが発達しすぎている「骨格性要因」のものがあります。骨格性の場合は遺伝の影響によるものも少なくありません。幼児期や学童期に、骨格改善を目的とした矯正治療を行います。下あごの成長は長く続きますので、骨格性の反対咬合の場合は早期治療、長期観察が必要です。

上の前歯が下の前歯に深くかぶさっている

過蓋咬合は、下あごの発育不全、あるいは下あごがいつも後方に下がっている場合におこります。遺伝的に下あごの小さい子もいますが、食生活の軟食化や外遊びの減少による筋肉や骨格が未発達であることも原因のひとつと考えられています。幼児期から、下あごの発達を促す早期の矯正治療が可能です。深い咬み合わせを浅くする取り外し可能な装置を用います。

検診時乳歯の数が足りない、癒合歯があると指摘された

乳歯の数が足りない場合や、癒合歯がある場合はその部位の永久歯の数も足りないことがあります。歯の数の確認は、レントゲンを撮れば簡単にできます。先天的に歯の数が不足している場合は、矯正でスペースをつめたり、将来ブリッジやインプラントなどをお勧めする場合もあります。

テレビを見ている時、ゲーム時などいつも口をポカーンと開いている

舌があるべき正常な位置をご存じですか?舌の位置が悪い場合や、お口のしまりが悪くゆるみがちな方には矯正治療と同時に筋肉のトレーニングを行っています。

上の前歯がハの字にはえたまま、閉じない

上の大人の前歯の真ん中が開いて閉じない原因は、上唇小帯の付着位置異常や、骨内に過剰歯が存在しているなどが考えられます。原因を見極め、それに対する適切な治療が必要です。

歯の形や色がおかしい

癒合歯や失活歯の可能性があります。乳歯の癒合歯がある場合はその後に萌えてくる永久歯が先天的に欠如していることが多いので、レントゲン写真で確認する必要があります。

上唇小帯付着異常など

比較的多くみられるのが小児の上唇小帯の付着異常です。写真のように小帯が前歯の間にまで入り込んでいると前歯の歯並びに影響が出る場合があります。

また小帯が唇の可動範囲を制限するため、歯グキがちぎれたり出血しやすくなります。簡単な処置で改善することが出来ますのでご相談ください。

小帯の先天的異常で他に舌小帯短縮症があります。これは舌の裏側のスジが短く舌の動きを制限するもので、重度の場合は乳幼児では哺乳障害や構音障害の原因になることがあります。

予約について・アクセスマップ