HOME > 一般歯科
一般歯科

当院では、患者様にとってメリットの大きな治療とする為に、ミニマルインターベンションという考え方の基に治療を実施しております。

ミニマルインターベンションとは、歯をなるべく削らずに、本当に悪くなった部分だけを削除して修復する。また、なるべく歯の神経を取らずに治療をすることで歯の寿命を延ばし歯の喪失を防ぎ一生ご自分の歯で食べられるようにしようという考え方であり、様々な治療メリットがあります。

当院での治療メリット
審美性(見た目)が良い治療ができる

最小で歯を削る為、金属の被せもの(インレー・クラウン)をしない治療ができる可能性が飛躍的に高まり、結果的に審美性の高い白色の素材にて修復(コンポジットレジン修復)することができます。この場合、治療した場所がほとんど目立たない仕上がりにできます。

インレー・クラウンの場合でも、審美性が良いセラミック素材をお選び頂く事もできます。

症例1 最小で削るから可能な治療
虫歯の入口を小さく開けた状態虫歯の入口を小さく開けた状態
コンポジットレジン修復完了コンポジットレジン修復完了

虫歯の入口を小さく開けた状態、(左上)象牙質の中で虫歯が大きく広がっています。この入口から専用の小さな器具を使って虫歯を慎重に取り除き充填しました。(右上)

従来の治療ならもし従来の方法で治療するなら金属がこんな感じ。

もし従来の方法で治療するなら、型取りをして次回に金属を嵌め込む形になります。(左のような感じになるでしょうか)審美性(見た目)も悪くなってしまいます。

症例2 元々、金属が被さっていた所にできた虫歯
古い金属を外した状態古い金属を外した状態
コンポジットレジン修復完了コンポジットレジン修復完了

古い金属の2次虫歯をコンポジットレジンで再修復、処置が即日に終了するのもこの方法の利点です。

奥歯の古い金属の詰め物が見た目にも気になる場合や、アマルガム充填の金属アレルギーが心配な場合などにも適用できます。(保険適用で処置を受ける事が出来ます。)

症例3 前歯の虫歯
虫歯部分赤い丸部分の虫歯
3種の材料で修復後3種の材料を積層に充填するから自然な仕上がり

(左)虫歯が象牙質内部で広く進行していますが、これ以上入口を広げず、悪くなっている部分のみ小さな器具を使用して除去します。(青い〇部分もコンポジットレジン充填した部位です。)

(右)歯は表面のエナメルと中の象牙質では色と透明度が異なるので、単一の材料で修復してもなかなか色が合いません。このケースでは3種の材料を積層に充填して色調を合わせています。あと少し研磨をすれば終了、表面は滑沢に仕上がります。(健保適用範囲です。)

確実な接着と仕上がりの美しさを追求して充填処置を行っています。歯の構造と材料の性質を十分に考慮して処置をおこなうことで、審美性と長期安定性を得ることができます。


コンポジットレジンがたくさんコンポジットレジン・たくさんのカラーをご用意
たくさんのカラーをそろえています

修復箇所が自然な仕上がりとなるように、コンポジットレジンのカラーもたくさんそろえています。実際の治療ではさらに、これらのカラーを積層に充填して色調を合わせながら、最も自然になじむカラーを創ります。


サージカルルーペサージカルルーペ
精度の高い治療の為に

精度の高い治療をする為に、サージカルルーペ(拡大鏡)を利用して治療を行います。裸眼では拡大像での処置のクオリティに絶対にかないません。見えてるつもりでの処置は怖くてできなくなってきます。


健康な歯を削らない(治療中の痛みも少ない)

金属による修復が減り、コンポジットレジン修復できる場合が増えると、その分だけ健康な歯を削らないで済むようになります。

以前は金属による修復が主流だったので、金属の修復物がはずれないような形態にするために健康な歯質も削っていたのですが、歯は削れば削る程薄くなりその強度が低下し、結果として歯が欠けたり、割れたりして抜歯に至ることも少なくありませんでした。

現在では接着剤の歯に対する接着性能は飛躍的に向上し、最小限の切削で治療が可能になりました。


通院回数が減る

コンポジットレジン修復をできる場合が増えるので、少ない通院回数で治療が終わります。金属による修復をする場合、型どりをした後日、(この間に金属を制作します)被せる治療をする為、最低でも2回の通院が必要となっておりましたが、コンポジットレジン修復では即日治療することが可能です。

被せる治療(クラウン、ブリッジ)も美しく仕上げる為に

当院では、被せる治療(クラウン、ブリッジ)を行う場合に正確な型取りをする為、しばらく仮歯で様子をみることで、咬み合わせ、歯肉の安定、見た目を確認してから、最終的な型取りをおこなっております。

仮歯の役割は見た目の回復であり咬合の回復ですが、とくに前歯部(審美領域)においては歯肉の安定を確認するという重要な役割もある為、しっかりとした仮歯を作ることが最終的な歯の礎になり、仕上げの美しさを決めます。

仮歯装着時仮歯装着時

歯肉との境界部分の適合が最も重要なポイントになる為、この後、歯肉の安定を得るまで何回かの調整をする場合があります。

また、色や見た目についても患者さんの希望を聞きながら形態を作っていきますので、最終的に装着される歯のイメージが十分に確認でき、ご安心いただけます。

印象時印象時 このようなコードを利用このようなコードを利用

後日、歯肉がしっかりと作られていれば型取りをします。歯肉が安定し出血などが無いことが正確な型取りの必要条件です。歯肉との境界部分が正確に印象されていないと、適合の良い歯は制作できません。

歯肉との境界部分の不適合は後の歯肉退縮や歯肉炎、2次虫歯の原因となります。歯肉部の黒い糸は歯肉を一時的に押し広げ、マージン部の精密な型取りを取る為のコードです。
(ダブルコード法 #00、#000)


シリコンで型取りする機械シリコンで型取りする機械

正確な型取りをすることができる、シリコンで型取りする機械も導入しております。

セラミック素材も選べます(メタルフリー修復)
メタルフリー修復左側、裏側にメタルがあるセラミック冠
右側、メタルフリーのジルコニア冠

従来のセラミック冠は金属フレームの上にセラミックを焼き付けて作られていましたが、このフレーム部分を白いジルコニアにすることによって、光の抜けがよく、より自然で美しい修復が可能になりました。

ジルコニアフレームは最新のCAD/CAM技術により、高い精度で制作され、ただ白いだけではなく、明るい太陽の下でも自然で奥行きのある色調を実現します。

特に、被せ物の歯茎のきわが黒っぽくなってしまい気になる方や、金属アレルギーが心配な方に、メタルフリー修復は有効です。

無痛診療もできます
バイタルチェック

歯科治療に対して強い恐怖感をお持ちの方や、外科的な処置が必要な方は麻酔科医による静脈麻酔鎮静下での処置を選択することもできます。

静脈麻酔鎮静下では十分にリラックスした状態で処置をうけることができ、術中の痛みやストレスを全く感じずに処置を終えることも可能です。基礎疾患がある方や、嘔吐反射が強い方にも有効な方法ですので、担当にご相談ください。

お子さま連れで来院できます

親子専用の待合室「おやこ待合室」と診察室「おやこ診察室」(個室)を設けておりますので、お子さま連れの方もどうぞ安心してご利用ください。お子さまの治療はもちろん、大人の治療だけでも大丈夫です。

診察室の窓から子供の遊ぶ様子を見ることができるようになっています。


予約について・アクセスマップ