HOME > 一般歯科 > 歯周病 治療
歯周病 治療 歯周病治療の風景

当院では、「スカンジナビア方式」を基礎とした歯周病治療を行っています。重度歯周病治療にも対応していますので、お気軽にご相談ください。

スカンジナビア方式とは?

世界保健機関が行った調査によると、スカンジナビア半島各国(スウェーデン、ノルウェー、デンマーク)の人たちの歯周病:虫歯の罹患率が世界各国の中で圧倒的に低いということでした。

スカンジナビア半島の人たちが特に歯周病や虫歯になりにくい人種というわけではなく、これらの国では1970年代から長期にわたり公衆予防政策の研究を行い、EBM(Evidence Based Medeicine)のある、つまり科学的根拠、臨床データに基づいた予防のプログラムを確立し、実践しているからです。

このプログラムを「スカンジナビア方式」といい、今日では歯科予防の頂点として世界中で注目を集めています。

プラーク・歯石をしっかり除去

歯周病治療は、その原因である細菌との戦いです。プラーク(歯垢)は口腔内細菌の塊、歯石はプラークが石灰化した物で、その表面では細菌が繁殖しやすい為、原因(感染)除去治療(SRP)を実施します。

歯周病模型 健常側歯周病模型 健常側

進行した歯周病では、歯周ポケット(歯茎の内側)深くまでプラークと歯石が入り込み、その細菌が炎症を引き起こして歯周組織を徐々に破壊していきます。

SRPでは歯冠のみならず歯根面深くにまで付着したプラークや歯石を徹底的に取り除き、感染を除去します。同時に歯根表面を平滑化し、プラークが再付着しづらい状態にします。

歯肉縁下歯石の模型歯肉縁下歯石の模型

左は進行した歯周病を模した模型です。この歯ぐきの中に隠れている歯肉縁下歯石を除去しない限り歯周病の進行を抑えることは困難です。

健康な歯周組織を維持する為に

歯周病治療において積極的治療を行った後、その獲得された健康な歯周組織を長期にわたって維持する為に歯周サポート治療(SPT)を実施します。

SPTは患者のリスクの程度により、個々のプログラムが組まれそして実践されます。(問診、各種検査、口腔衛生指導と動機付け、PTC、咬合調整、フッ化物の適用など)積極的治療後に適切なSPTが行われた場合、重度歯周病患者を対象とした過去の研究でも非常に良好な結果が出ています。

一連の歯周病治療の中で最も重要なパートであるとも言えます。

Hirschferd&Wasserman 1978 Hirschferd&Wasserman 1978年によると全歯周病患者数600人のうち、メインテナンス良好の群499人の22年間の一人平均喪失歯数はたった0.68本だったそうです。
(7割以上の患者が7mm以上のprobing depthがある重度病変有りにもかかわらずです!)
参考までに、beckerら1979年の報告では 歯周病未治療の患者の年間一人平均喪失歯数は0.61本です。

プラークコントロールの重要性
歯石が埋まっている歯歯間が埋まるほどの歯石、前歯の裏側は特にブラシをうまく当てにくい場所です。 歯石、除去後の歯歯石を取り除くと歯ぐきが赤く充血しています。

積極的治療をおこなって、歯肉縁下の感染が除去されても歯肉縁上のセルフケアが十分でないと、比較的短期に歯肉縁下(ポケットの中の)細菌叢は治療前と同じ状態に戻ってしまいます。

メインテナンスの期間中しっかりとした歯肉縁上のプラークコントロールを続けていれば、プラークは虫歯や歯肉炎症を引き起こすほどに成熟することを阻害されます。

また、しっかりと歯肉縁上のプラークコントロールをすることでポケット内の歯肉縁下細菌叢の成熟を最小限に抑えることが出来るのです。

つまり、患者さん自身で行うセルフケアと、我々が行うプロフェッショナルケアのどちらかが欠けても歯周病治療は成功しないのです。

口臭の原因にも…

自臭症、他臭症や病的口臭など口臭には多くの原因がありますが、多くは口腔内の細菌が産生する揮発性硫黄化合物がにおいの原因です。特に歯周病の原因菌である嫌気性菌は強い匂いを発生させます。原因をしっかり特定し効果的な治療をすることが大事です。

予約について・アクセスマップ