HOME > 一般歯科 > 入れ歯
入れ歯

入れ歯の質はそのまま「日々の生活の質」に直結します、お困りの事があればぜひご相談ください。
顎位、咬合、解剖など様々な要素が絡み合う入れ歯制作は、歯科医師の力量の差が結果に最も反映される治療分野です。

総入れ歯の制作は難しい
入れ歯

精度の高い型取りが行われたならば、その後に行われる咬合採得といわれる顎位と咬み合わせを決める処置が出来上がる入れ歯の出来不出来を決定づけます。
問題はこの顎位を決める重要な処置は、指標はあっても明確に数値化されているものではないので、個々の歯科医師によって大きな差が出る事です。

入れ歯の痛みの原因

入れ歯は咬合と顎位のバランスがしっかりとれて初めてしっかり咬むことが出来ます。
特に総入れ歯はアゴに固定されているわけではないので、咬合のバランスが取れていないと機能時に入れ歯が大きく回転する為、歯ぐきに当たって痛みが出ます。
つまり痛みが出る原因の多くは粘膜面適合の問題ではないので、咬合と顎位が正しくない限り内側をいくら削っても今度は他の場所が当たってくるのです。

素材が選べます
レジン床義歯

人工歯、床の素材に制限はありますが、入れ歯は顎位と咬合のバランスがしっかりとれていればしっかり咬むことが出来ます。強度を確保する為やや厚みがあります。
保険適用でお作りいただけます。

各種金属床義歯

強度と耐久性があり長く使用できます。
床を薄く作れるので口の中がひろく感じられ、食べ物や飲み物の温度が感じやすくなります。
歯の種類や色、床の様々な素材をお選びいただけます。

コンフォート

シリコン裏打ち義歯、義歯にかかる圧をシリコンが分散し力強く咬むことが出来ます。

予約について・アクセスマップ